2020年04月22日

JustAnswerという有料サポートサイトを不用意に利用して、クレジットカードを解約した話。

メーカーのサポートがお休みだった去年の年末のこと。

年賀状の住所を印刷しようとしたら、アプリからプリンタが認識されなかったので、ググりました。

「canon 印刷できない」

検索結果の上位にJustAnswerという有料サポートサイトがあって、トライアルが500円という事だし、専門家のサポートが受けられるというので、カード情報を入力して、チャットみたいな画面で、状況の説明に答えました。

10分経っても返信なし。暇だったんでいろいろと試行錯誤しながら待つこと更に30分。


まだ返信なし。

そうこうしてる間に、偶然ながら自力で解決できました。

できたので、オイラはその旨をチャットみたいな画面で報告して、

「クローズしてください」

というメッセージを入れたので、


クローズしてくれるものだと思ってました

もう用は無いので、しばらく経った先週の事。


「今年からこんな引き落としが続いてんだけど?」

と教えてもらったので明細を見たところ、

JUSTANSWER

という会社からの請求がありましたとさ。



クローズしたはずなのにと思って、履歴を漁ってみたら、チャットみたいな画面に、

翌日の返答がありました。


「専門家は見つからなかったけど、引き続き探すから、終了したいなら別のところに受付番号をメールしてね」

という返答。


ぁぁなるほど。

クローズされてなかったのか。。。


トライアルは7日間。

それ以降は自動的に月額会員になって、毎月クレカの請求あり。


ぁぁ、なるほどね。orz...


ちなみに、その専門家が見つかったという様な追加の返信は無かったんで、オイラの状況に対応できる専門家は居なかったという事ですね。


時既にお寿司だったんですが、改めてググってみたら、そんな感じのレポートもちらほら探せたのが月曜日のお話。


一応、ログインしようとして、オイラが登録したはずのメールアドレス、そして使うかもしれないメールアドレスを用いて、JustAnswerにログインしようとしたんですが、

「そのメアドは登録されてない」

というエラーになって、ログインできませんでした。

んで、「問い合わせ」ってのに解約したい旨をメールしたんですが、

二日経っても音沙汰無し。


結局クレカを解約する事にいたしました。

解約時に「何かカード会社側に不手際等がありましたか?」と聞かれたんですが、
理由を話したら直ぐに解約に応じてくださいました。さすが。

ETCとか、ドメインの維持とか、ショッピングのあれとかにも使っていたカードだったんで、訂正するのが非常にめんどくさい。


本当にめげてしまいました。


という事がありましたので、オイラなりのJustAnserを使う際の注意点と心構えを列挙いたします。

・ログインするためのアカウントとパスワードは必ず覚えておく。
・使用するクレジットカードは、解約上等(解約しても影響が少ない)のカードにする。
・最初当たりのやりとりは自動応答っぽぃので、ここで安心してはいけない。詳細な状況を伝えてからがスタート。
・自分でクローズの意思表示を行っても無意味。
・サポートできる専門家が迅速に応答してくれるかどうかは運しだい。
・チャットみたいな画面には時刻の記録が無いので、面倒でもいちいち記録するのが望ましい。
※windows10であれば「ステップ記録ツール」を使用するのが良い。

とりあえずこんなもんでしょうか。

良く考えず、よく読まずに利用して、正しくクローズしなかった結果なので、例えるならば
「ルールを理解せずに、DVDを返す際に、たんにお店のカウンターにオキッパにしてたら、延滞料金がすごい事になっていた。」

てな感じですかね。


いずれにしろ、ぼーっと有料サイトを利用すると、意図しない結果になる事があったという事で。

ギターは遠いなぁ、ぃゃまぢでwww





posted by ハッタリ at 22:31| Comment(0) | 分類はまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。